車買取をする前のチェック項目

「車を売ることは決めたけど、何を準備していいか分からない。」
実は事前の準備は結構シンプルです。でも間違った方法は買取金額を大幅にダウンさせてしまいます。

 

ここでは大きく分けて2つご紹介します。

 

・車買取に必要な書類
・買取金額UPへ繋がる工夫

 

ぜひ参考にしてお得に車を売りましょう。

必要な書類はコチラ

車買取をする前のチェック項目

査定を受ける際、提出する書類は全部で2点です。普段は車のダッシュボード入っていると思います。もし紛失した場合は取り寄せる必要があります。

 

この書類がないと査定が受けれないので、必ずチェックしましょう。

自賠責保険証明書

「自賠責保険へ加入しています」という証明書です。自動車を持っている場合、必ず加入する必要があります。

 

(なくした場合)
再発行は加入している保険会社が無料で行ってくれます。約1週間程で発行可能です。再発行は印鑑と運転免許証をお忘れなく。

車検証

最も大事な書類と言っていいでしょう。車の身分証のようなイメージです。運転する際、常に携帯が義務となっており、違反すると50万円以下の罰則となってしまいます。

 

(なくした場合)
再発行手続きは、車のナンバーを管理している運輸支局で行います。
なお車検証の再発は行費用がかかります。
・再交付申請手数料 300円

買取UPに繋がる書類はコチラ

「整備手帳・保証書・取扱説明書」の3点が揃っている場合は査定金額が上がります!相場は10000円プラスの査定になるといわれています。

 

実は「整備手帳・保証書・取扱説明書」が無くても車を売ることは可能です。でも買取金額はUPしたいですね!

 

実はこの中で簡単に手に入る書類もありますので。それぞれ紹介します。

車の取扱説明書

各ディーラーで取り寄せできます。製造中止のものは発行できません。

整備手帳(定期点検整備記録簿)

24ヵ月点検や、12ヵ月点検の点検内容を記録した用紙のことです。

保証書

多くの場合、自動車メーカーは保証書の再発行はできません。

車のお手入れは丁寧に

車買取をする前のチェック項目

当然ながら、汚れた車は減点対象です!といっても洗車サービスを利用するくらいでOKです。

キズ&ヘコミの対処

修理した方が印象が良さそうですが、実際はどうでしょう。

 

答えは→「何もしなくて良い」です。
理由は簡単!修理代金の方が高いからです。詳しい理由は以下を参考にしてください。

・修理工場での修理費
部品代&人件費&修理業者さんの利益
・買取業者の修理費
部品代&人件費&修理は原価

パーツや改造

メーカー純正品以外のパーツへ交換した場合ですね。元に戻したほうがいいのでしょうか?

 

答えは→「そのまま」です
理由は、純正に戻す工事費が発生してしまうからです。さらに改造したパーツの方が高く評価してくることも多いので、特に何もしない方がお得です。手間もかかりませんしね。

相場の確認を!

査定前に相場を把握しておきましょう。マイカーの時価を知ることで、提示金額が高いのか低いのか、正確に判断がつくからです。

 

中古車は特に価格の変動が激しいです。基本は時間が経てば経つほど価格は下がりますが、焦りは禁物です。マイカーの時価を把握していれば、冷静に判断できますよ。便利な下取りシミュレーションのサイトなどを参考にチェックしてみてください。

 

一括査定サイトの「ユーカーパック」はメーカーや車種を入力すると、概算価格が表示されます。ぜひ使ってみてください。

ユーカーパックとは

最大の特徴は電話での連絡がユーカーパックからのみ!という点です。詳しく見ていきましょう。

 

通常の一括査定サイトの場合
お客さんが申込をしたらスグ、各業者から大量の電話が!安く売れるとは言っても迷惑ですよね。一括査定のデメリットはココにあります。

ユーカーパックの場合
まず、お客さんの車をユーカーパックが査定します。

車の情報をユーカーパックが各業者に紹介

その情報を元に、各業者が査定額をユーカーパックへ提示

ユーカーパックからお客さんに、高額の査定金額をお伝え(電話はココだけ)

 

 

なので大量の電話に迷惑することもなく、安心してユーカーパックにお任せできますね。

 

まとめ

今回お伝えしたように、事前の準備をしっかり行うことが重要です。書類によっては紛失した場合、車買取自体が出来ないモノもあります。取り寄せ方法も、今回の記事で紹介してますのでご確認ください。

 

また、買取UPのコツもお伝えしました。改造や修理はそのままで「綺麗に洗車」を心掛けると高額買取へと繋がりやすいです。